ケイタのぶろぐ

僕が日々学んでいる、考え方の「レシピ」や、食事のレシピ

怒らない、ヒハンしない、評論しない。

早い!安い!美味い!

 

怒らない!批判しない!評論しない!

(牛丼屋か)

 

今回は「なぜ」この3つをしない方がいいのかについて

書いていきたいと思います^^

 

 

■怒る人っていうのは学べないのかなと思います。

 

まず怒る人は、人のせいにしているので学べない。

 

「電車で足を踏まれても、電車に乗っている自分も悪いな」

 

って思えるくらい怒るのを諦めているメンタルでいたほうが楽

 

そして

怒る前に

自分にも原因があるな。

って思える人のほうが成長が早いんじゃないかなと思います。

(電車に乗ってる自分も悪いなって感じに)

 

 

僕は昔、すき家で牛丼つゆだくを頼んだのに

全然「だく」じゃなくてイライラしていたこともあって

 

それこそ

うんこちゃんみたいな人間でしたが。

 

普通に「もうちょっとダクってもらってもいいですか?」

の一言を言えない自分も悪い。

 

今では普段の生活で理不尽なことがあっても

怒ることもほとんどありません。

 

っていうのも

なんか上手くいっている人たちを観察していくと

怒らない=余裕がある

って感じに見えるので

 

怒るのを諦めようって思うのもいいのかも知れません!!

 

 

 

■批判するな、評論するなって話ですが

 

ぶっちゃけ「いくらでもできる」

批判、評論しようと思ったら。

 

「こんな記事書いて胡散臭い」とか

「牛丼屋の例えが面白くない」とかw

 

ベッキーを批判しようが、矢口真里を批判しようが、高畑裕太を批判しようが

(古いかw)

 

 

時間のムダなんですね

何も生まないんですね

 

怒ったり、批判したり、評論するより

 

自分の目標のために学んだり、経験したりするほうが

いいんじゃないかと

 

実践、実践、実践!

 

 

誰かの役にたてればと

本や日常で学んだこと、感じたことを書いています。

 

ありがとうございました^^