ケイタのぶろぐ

僕が日々学んでいる、考え方の「レシピ」や、食事のレシピ

脳の3層構造について

どうもケイタです^^

 

今回は脳の3層構造について

簡単に説明していきたいと思います。

 

「ついつい楽な方に流れてしまうとか」

「しなければいけないことに手をつけられない」

っていう人は何か解決のヒントになるかもしれません^^

 

知れません。

 

実は人間の脳っていうのは3つの層になっていて

 

・爬虫類脳(短期的)

 

・人間脳(長期的)

 

・哺乳類脳(どっちもわかるわー!)

 

に分かれています。

 

 

そして3つの中で

本能的で強い部分が

「爬虫類脳」(短期的)です。

 

こいつ(爬虫類脳)をなんとかするのが解決法なんです!!

爬虫類だから仮面ライダーV3みたいのを想像して貰えるといいかなと思います

f:id:ke-taso:20170915225131j:plain

 

 

 

 えー、はいw

 

 

 

 

 

例えば食事だと

 

・爬虫類脳が

「お腹いっぱい食べたーい!」

と短期的に思う部分。

 

 

・人間脳は

「お腹いっぱい食べたら太るよ??」

「ダイエットしてるんじゃないの??」

と目の前のことではなく

長期的に思う部分。

 

 

・哺乳類脳が

「どっちの気持ちもわかるんだけどなー・・・」

と両方を思う部分。

 

 

なんだか爬虫類脳が悪者みたいですがw

 

この3つの脳の共通点はどれも自分を幸せにしたいっていうことなんです

 

特に短期的な

爬虫類脳が圧倒的に強い欲望!  カイジ風)

を持っています。

 

男性だと性欲とかもですね

爬虫類脳はかなり制御しにくい部分なんです。  

 

何故かと言うと

それは昔は人間も狩りをしていて

「いつご飯が食べれるか?ここは安全か?子孫繁栄のために!」とかっていう

生きるために短期的部分を優先していたから

なんですね。

 

ようは本能なんです人としての

 

でも今は

いつでもご飯が食べれるし、安全なので、そんなことはありませんよね。

 

 

なので今回の記事で伝えたいことは

 

「3層構造はみんな味方なんです!っていうこと」

だからこそ

 

「うまいこと3つの脳を説得してほしい」

ってことです。

 

ーーーーーーーーーー 

例えば、

コーラが飲みたいとしたら

 

・爬虫類脳(短期的)

「プシュっとスカッとコーラ飲もうぜー!!」

 

・人間脳(長期的)

「コーラは砂糖がたくさん入っているから太るよ?」

 

・哺乳類脳(どっちもわかる)

「コーラが美味いのもわかるし、でも毎回コーラじゃ体に悪いっていうのもわかるし・・・そうだ!爬虫類脳さん!まず炭酸水にしてみて、それでもスカッとしないならコーラ飲むっていうのは??」

 

ってな具合に間を爬虫類脳を説得するw

 

炭酸水を飲んだら満足するかも知れませんよね?

 

 

短期的な部分に長期的な部分を少し入れるイメージですね。

 

  

どうしても日常だと楽な方(短期的)

な部分に流されがちです。

 

 ダイエット、勉強、仕事

自分の脳の3層構造を知ってうまいこと説得してみて下さい^^

 

 

誰かの役にたてればと

本や日常で学んだこと、感じたことを書いています。

 

ありがとうございました^^