ケイタのぶろぐ

学んだことを書いてます

<結構楽しい>人間の5つの段階欲求を元に、少し自分を自己分析してみる

どうもケイタです^^今回は人間の本能的、5つの段階欲求を知ることによって
自分の段階を少し考えてみる
 
 
といった感じの内容です。
 
 
自分を知ると同時に「仕事や、日常のコミュニケーションでも使える内容」
なので興味がある方は読んで頂けたらと思います^^
 
 
 
人間の5つの段階欲求
アメリカの心理学者、アブラハム・マズロー理論化した
マズローの5段階欲求ともいいます。
 
 
人によっては「そんなん古いよ!」っていう人もいるかもしれませんが
僕はとても使えると思うので
シェアしたいと思います
 
 
まずは欲求段階の内容になります^^
 
 
1つ目の段階「生理的欲求
 
・食欲
・睡眠欲
・性欲
 
になります^^
 
「とにかく腹が減った、何か食べたい」とか「眠いからほっといてくれ」とか「喉がカラカラ」(条件によっては砂漠で水は10万でも売れたり・・・)
 
命に関わる欲求でもあります。
 
ここが満たされると
 
 
 
次の段階
2つ目の段階「安全欲求
 
・足が痛くならないように安全な「靴」がほしい
・雨風しのげる安全な「建物」
・「服」を着たい
 
とかですね^^
 
日常の安全が確保されたところで
 
 
 
 
3つ目の段階「親和欲求
 
・どこか集団に所属していたい
・仲間がほしい
 
よく中学生とかが複数人で同じアーティストを好きになってグループを作ったりとかありますよね。
あんな感じです笑
 
この欲求が満たされないと孤独感や社会的に不安を感じやすくなるとも言われています。
 
なので安全が満たされたあとはここを満たそうとするんですね
 
さて、仲間もできたところで
 
 
 
4つ目の段階「承認欲求
 
・他者から認められたい、尊敬されたい
 
実は
現在の日本人はほぼこの承認欲求の段階の人が多いです。
 
食べ物には困らない(生理的)、帰る家もある(安全)、SNSですぐに誰かと繋がれる、仲間が作れる(親和)となると
 
次は、「周りに認められたい!」と思うわけですね。
 
オシャレになって、いいクルマ乗って、痩せて、キレイになって
「認められたい」と思うんですね。
逆に日本ではなく貧しい国の人は生理的欲求が強いです。
オシャレよりも食べ物優先です。
 
ーーーーーーーーーー
ちょっと仕事とかの話になりますが
 
今の日本はほぼ承認欲求なので、美容、健康、いいライフスタイルとか
そういうのをほしい人がたくさんいるんですね。
 
今は個人で仕事をできる時代なので承認欲求を満たす仕事は
参入し易い段階とも言えます^^
 
生理的欲求や安全欲求は圧倒的大手が君臨しているので、何か個人で仕事を持ちたい人は承認欲求を意識するといいかも知れませんね。
ーーーーーーーーーー
 
この承認欲求の段階の人が多い分、注意点があって
「人からどう見られるのか気にしすぎると、人生を他人に支配されてしまう」
 
承認欲求は他の人目線ですから、「ベースは自分がどうしたいのか?」
が大切なのかなっても思います。
 
 
 
5つ目の段階自己実現欲求
 
・自分はどこまでできるのか?
・自分はどうしたいのか?
 
 
承認欲求が満たされると認められるのに飽きて
自分の力を試したくなります、スポーツ選手とかに多いのかも知れません
 
オリンピックの選手とか
お金、名誉よりもチャレンジを!って感じですね
最近では更に上の無欲の欲があるんじゃないのかとも言われています。
 
 
 
f:id:ke-taso:20170626023447p:plain
 
 
 
承認欲求=他の人の評価っていうのは自分じゃコントロールできないから
なかなかしんどいんですね。
 
認められたいとか
もう別にいいやーって
 
 
すると気持ちにガッと
スペースが空くんですよね
 
「これしたい、したくない、」
自然な感じで
新しいことも考えられるようになったり 
 
余計な承認欲求、執着を手放す。
人によっては結構影響があるかもしれません。
 
 
 
 
ありがとうございました^^