ケイタのぶろぐ

学んだことを書いてます

簡単に継続力をあげる方法

なかなか継続力をつけることっていうのは難しいと思います。

 

 仕事にしろ勉強にしろ

 

 

ダイエットが辛くてやめたくなる

 

これを

 

「あと一ヶ月頑張る」

だと大変なので

 

「あと3日だけ頑張る」

に変える

 

ちょっとづつ先延ばしにするのがコツらしいです^^

 

運動を一時間しようと思って

30分でやめたくなったら

 

あと5分頑張る。

 

35分になったら

 

あと5分

 

40分までやってみる。

 

あと五キロ走るのを

 

あと500メートルにしてみる。

 

 

色々本を読んできましたが

 

これは人間の心理でもあるんですね。

 

小さな目標設定、小さな先延ばし

苦痛をさきのばす

 

「ちょっとだけ頑張るをクセにする」

 

結果として継続力が身につくのかなと

 

これは色んな場面で使えるな

と思います^^

 

 

 

誰かの役にたてればと

本や日常で学んだこと、感じたことを書いています。

 

ありがとうございました^^

 

 

 

 

 

 

 

怒らない、ヒハンしない、評論しない。

早い!安い!美味い!

 

怒らない!批判しない!評論しない!

(牛丼屋か)

 

今回は「なぜ」この3つをしない方がいいのかについて

書いていきたいと思います^^

 

 

■怒る人っていうのは学べないのかなと思います。

 

まず怒る人は、人のせいにしているので学べない。

 

「電車で足を踏まれても、電車に乗っている自分も悪いな」

 

って思えるくらい怒るのを諦めているメンタルでいたほうが楽

 

そして

怒る前に

自分にも原因があるな。

って思える人のほうが成長が早いんじゃないかなと思います。

(電車に乗ってる自分も悪いなって感じに)

 

 

僕は昔、すき家で牛丼つゆだくを頼んだのに

全然「だく」じゃなくてイライラしていたこともあって

 

それこそ

うんこちゃんみたいな人間でしたが。

 

普通に「もうちょっとダクってもらってもいいですか?」

の一言を言えない自分も悪い。

 

今では普段の生活で理不尽なことがあっても

怒ることもほとんどありません。

 

っていうのも

なんか上手くいっている人たちを観察していくと

怒らない=余裕がある

って感じに見えるので

 

怒るのを諦めようって思うのもいいのかも知れません!!

 

 

 

■批判するな、評論するなって話ですが

 

ぶっちゃけ「いくらでもできる」

批判、評論しようと思ったら。

 

「こんな記事書いて胡散臭い」とか

「牛丼屋の例えが面白くない」とかw

 

ベッキーを批判しようが、矢口真里を批判しようが、高畑裕太を批判しようが

(古いかw)

 

 

時間のムダなんですね

何も生まないんですね

 

怒ったり、批判したり、評論するより

 

自分の目標のために学んだり、経験したりするほうが

いいんじゃないかと

 

実践、実践、実践!

 

 

誰かの役にたてればと

本や日常で学んだこと、感じたことを書いています。

 

ありがとうございました^^

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単!ドレッシング^^

どうもケイタです^^

 

今回は

僕のお店で人気のドレッシングの作り方です☆

 

よくお客様に

「持ち帰りでないの?」とかって言われます^^

 

■材料

 

・ワインビネガー        80cc

・アップルビネガー     33cc

・玉ねぎ       1個

・塩           13g

・はちみつ      20g

・サラダ油      220cc

・EXバージン    86cc

 オリーブオイル

 

もちろんザックリ軽量でもOK^^

 

■作り方は

玉ねぎを包丁orフードプロセッサーでみじん切りにする。

できた玉ねぎをボールに入れて、他の材料を入れてよく混ぜて完成!

 

f:id:ke-taso:20170919230910j:plain

f:id:ke-taso:20170919230926j:plain

 

f:id:ke-taso:20170919231025j:plain

 

ベースはヴィネグレットソースです☆

 

はちみつで食べやすく、とろみがついて

ドレッシングが野菜に絡みやすくなります^^

 

仕上げに黒胡椒をガリガリかけても美味しい。

f:id:ke-taso:20170919231039j:plain

100均の瓶とかに入れて冷蔵庫に入れればかなりもちます。

 

材料はスーパーで揃います^^

 

よかったら作ってみて下さい☆

 

ツナを入れたり

 

細め冷製パスタにからめてもイケます☻

 

 

 

誰かの役にたてればと

本や日常で学んだこと、感じたことを書いています。

 

ありがとうございました^^

 

 

 

 

 

脳が目覚める1つの習慣

どうもケイタです^^

 

今回は脳が目覚めるひとつの習慣ということで

 

 

 

脳の力を使うには、まず知っておきたいのが

脳っていうのは基本的に欲深いんですね。汗

 

 

なので単純に脳の欲を満たせばあなたのポテンシャルやキャパシティっていうのが上がってくるということです。

 

 

かといって脳がやりたいことをやるとか、自分のやりたいように生きればいいっていう風に言っているわけではなくて

結局、脳の欲って結局どういう風に満たせば良いのかというと。。

 

 

具体的な言い方をすると

幸せを求めて行動すればするほど、良いことが起きるよっていうことがわかっているんですね。

 

 

つまりその行動をすることによって自分は幸せになるのか?

どうかっていうことですね。

 

 

なので幸せを求めて行動しましょうっていうことなんですけど

 

 

幸せを求めて行動するとどうなるかっていうと

まず非常にクリエイティブになるっていうことがわかっています。

色々なことを思いつくし、新しいことがドンドンできるので

 

 

なので楽しい仕事をするとか、仕事をすることで自分が幸せになるんじゃないかっていう風に考えるのが大切なんですね。

 

 

だからお金うんぬんよりも、幸せになるかどうかってことを考えた方がいいよっていうのが重要な部分で

 

 

実際に幸せを求めて行動すると3倍クリエイティブになって、生産性が37%アップしてリア充になるとww

友達が多かったり、結婚しやすかったり

実は寿命も長くなってしまうんですね。

 

 

でも僕らは何か始める時

「やらなきゃいけないんだけど、できないこと」

ってたくさんありますよね、ダイエットしかり、仕事でも勉強でも。

 

 

やりたいことや、やるべきものなのに、なかなか手に付けられないっていうことがたくさんあると思います^^汗

 

 

で、これなんでか?

っていうと

 

 

「手につける」っていうのは心理的

接近行動のスイッチが入っているんですね。

 

 

人っていうのは面白いものや好きなものには思わず

手が伸びると思うんですけども

 

 

例えば

自分の好きな食べ物とか、ゲームとか好みの服とか

思わず手を伸ばして接近したくなると思うんですね。

これ、接近行動です。

 

 

逆に嫌なものを避けようとしますよね

これは回避行動といいます。

 

 

人は好きになると、脳の扁桃体(ヘントウタイ)っていう場所が働いて

接近行動のスイッチが「バチッ」っと入るんですね。

 

 

だから何かしたいと思ったら

好きになることによってですね

 

 

その対象を好きになることによって接近行動のスイッチを「バチッ」っと

入れていくことが非常に重要になってきます。

 

 

この接近行動のスイッチが入れられないとなかなか難しいんですね。

好きな人に接近したくなるのも同じ理論です。

 

なのでまずはやるべきことを好きになるってことが大切です。

 

 

じゃあ物事を始めたい時

何かやりたいときにどうすればいいのかといいますと。。

 

 

よくハードルを下げて取り組みましょうっていいますけども

ハードルを下げる=好奇心を向けるっていうことなんですね。

 

 

だからやらなきゃいけないことを

タスク管理とかで一生懸命リストを作ったりすることも大事なんですけども

 

 

どちらかというと好奇心を持てるように

もっていかなければいけないんですね。

 

 

どうすればやり遂げられるかよりも

どうすれば好奇心をもてるようになるのかなっていう風に考えないといけないよ

っていうのが脳科学的にみたアドバイスになります。

 

 

じゃあ幸せっていっても人によって違いますよね
って思うと思うんですね。
 
 
例えばお金をたくさんもったら幸せに成れると思っている人は、お金を求めればいいんですか?っていう質問が出てくると思うんですけども^^汗
 
 
 
幸せっていうのは何かというと、主観的な幸せなんですよね
客観的な幸せではなくて主観的な幸せを求めてほしいと
 
 
 
つまり
お金を持つとか
いい会社に入るとか
社会的地位を高めるとか
有名になるとか
 
 
 
っていうのはそれっていうのは主観的な幸せっていうよりは客観的な幸せなんですよね。
 
 
 
つまりたくさんお金をもっていたほうが幸せになるんじゃないかとかあると思うですけども
 
 
 
社会的に見て誰が見ても幸せっぽくみえるような感覚ってあると思うんですけど
その幸せ感っていうのは間違っている可能性のほうが非常にたかいっていうことなんですね
 
 
つまり人間の脳が幸せを感じるのはどういう状況かっていうと
客観的にみて幸せ、誰からも見ても幸せっていうことではなくて自分が何に幸せを感じるのか
っていうことをわかってないとですね、幸せは感じられないですよっていう話ですね。
 
 
なので主観的な幸せを知ることがすごく大事なんです
この主観的な幸せを感じるためには何が大事かっていうと
 
 
脳科学的に大事なのはこの3つですね
好奇心、コミュニケーション、運動
っていう風に言われています。
 
それで紹介したいのがめちゃくちゃ読みやすい本です
ガッツリしてないんですけども
さくっと読むには凄く良い
 
精神科医の先生が書いた本なんですけども
僕が一番なるほどなって思ったのは
 
人間の脳を最大限に発揮したいのであれば必要なものは
好奇心とコミュニケーションと運動だ!っていうのは
 
あ、たしかにそうだなって思いますw
 
なぜ好奇心が大事なのかっていうことが書いてあるので
非常にしっくりと入ってきやすいと^^
 
人間って理解をしていないと
それがどういう効果があるのかっていうことがわかってないと
その効果が出てこないっていう心理効果があるんですね。
 
プラシーボ効果の逆ですね、ノセボ効果。
 
詳しい情報は
 
 
 
 
それが出てきてしまうので
自分がやっているコミュニケーションだったりとか運動だったりとか
 
 
あとは好奇心を持つっていうことがどれくらい自分の脳にいいのか
自分の能力を高めてくれるのかとっていうことを知ってほしいんですね。
 
 
それでもサクッと読める本なので
 
「脳が目覚めるたったひとつの習慣ですね」
 
 

f:id:ke-taso:20170917222635j:plain

 
 
 
かなりライトな本なのですぐ読めちゃうと思うんですけどw
ぜひ読んで見て下さい。
 
 
ビール片手に読書も悪くないですw
 
 
その辺のツタヤにあると思うんですが、、、
僕は田舎なのでネットで注文しましたが^^汗
 
 
 
あと
主観的幸せってよくわからない人が多いと思うんですけど
普通に具体的事例として考えてみるとわかりやすいと思います。
 
 
主観的幸せっていうのは成果よりも充実感を感じるっていうことを目指すとかそういうことですね。
 
 
成果とかですね、いくらもらえたとかっていう
客観的な幸せではなくて
 
 
自分にしかできない仕事をしたとか
成し遂げたとか!
そういう充実感を感じた時に人間の脳っていうのは目覚めます。
 
 

誰かの役にたてればと

本や日常で学んだこと、感じたことを書いています。

 

ありがとうございました^^

 
 

言葉①

言葉には迷った時、道しるべ

となりえる力があると勝手に思っていますw

 

すぐに悩んでしまう僕はいい言葉にとっても弱いです(笑)

 

言葉はゼッタイに行動には勝てないですが

自分自信や共感してくれた人と成長していけたらなと思っています^^

 


(気付いた時、本などで得た時にどんどん増やそうと思います)

 

 

 

・上手く行かなかったときより、上手くいったときのことを考える
・たった一言で変わる事がある
・たった一言が変える事があ。
・本当の瞬間は誰もが怖い
 だからそれまでにできるコトを力いっぱいやる
 ソレが本当の成長だったりする

・同じ事を繰り返しながら、違う結果を期待するのはアホ
・小さく継続することに勝るものなし

・死ぬまでにできることを全部やる
・脳にはイメージしたものを無意識のうち現実化する力がある。
・人生とは遊び。遊びには仕事も含まれる
・人の満足度というのは本当に真剣に考えるべきです
・子供の頃は、幸せなんて探していなかった
・今日は、明日の思い出です
・いえなかった言葉たちは、今どうしていますか
・プライドの低いバカがいちばん強い、上手くいっている人の言葉で愚直にこなせる、上手くいっているの頭をすぐにかりれるのと同じ


・大切なのは、疑問を持ち続けること
・他人のあなたに対する意見があなたの現実になる必要はない
・港に停泊している船は安全だが、船はそのために造られたわけではない
・時間の使い方が下手な者が、まずその短さについて苦情を言う
・何かをすると間違うコトもあるが、何もしないのはいつまでも間違い
・最も大切な自問、「この一瞬にベストをつくしているか?」
・伴侶や目を掛けてくれる人には、相手がビビるほど尽くせ
・始めるには動機がいる。続けるには習慣がいる
・どの港に向かって進んでいるのか分からないなら、好ましい風などない
・下手な職人は道具のせいにする
・学ぶには歳を取りすぎていると思う人は今まで常にそうだったんだろう。

・今日という日は残りの人生の最初の日
・最高に達したいのなら、最低から始めよ
・お金の少ない人が貧乏ではなく、たくさん欲しがる人が貧乏。
・転んだ時はいつでも何かを拾え
・ゆるせないと過去の出来事にいつまでも縛られる
・ゆるせば、つらい過去から自由になれる


・ものごとは小さな仕事に分ければ特に難しいコトはない
・人生で「成功」は約束されていないが「成長」は約束されている
・行動は言葉より多くを語る
・言葉には人生を左右する力がある
・小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道

・読書して考えないのは、食事して消化しないのと同じ
・最高の学習とは、自分が変わる方法を学ぶこと
・明日やろう今度やろうは馬鹿野郎
・本気で相手に対して持てる力を尽くせば、そこに感謝が生まれ、やがては自分に返って来る

・とにかく人に対して徹底的に与える
・一気に全てをやろうとすると挫折する
・3つ同時に進行できない
・プロとアマの違いは、無意識でやるか、意識してやるか
・人と言う物は自分の意見を積極的に聞いてくれている人間に対して、
少なからず敬意を払おうとする傾向がある


・すみません ではなく、ありがとう を使う
・幸せを感じる能力の高い人は、どんな状況でも幸せを感じます。
・もしかして、っという視点を自分の普段の生活の中にもどんどん取り入れること。
・成功の反対は失敗ではない、行動しない事
・毎日一日5分だけ新しい事を

広告を非表示にする